頚椎症の鍼灸治療

頚椎症、むち打ちについて

頚椎症やむち打ちなど頚部の症状は、鍼灸が効果的な疾患の一つです。

一般的な治療法は首を引っ張る牽引(けんいん)、干渉波などの電気治療、ホットパックなどが挙げられます。

ですが鍼灸の門を叩く方の多くは大体それらを当然受けられて、それでも症状が改善しないため来堂される方がほとんどです。

また個人的には牽引はあまり賛成ではありません。(筋肉をムリに引っ張る事でより緊張を高めている結果になっている事が多いからです。。。)

ブロック注射も一時的に痛みを止めるだけで根本的な解決になっているのでしょうか?

薬の作用が切れると多くは症状がまた再発します。

一時的な寝違えならともかく頚椎症やむち打ちは東洋医学でいう、経筋症(筋肉の頑固な冷え)や瘀血(古血の滞り)が絡み牽引やブロック注射だけでは治療は難しいように感じます。

私としては直接患部にソフトにアプローチする鍼灸治療をお勧めします。

*注意 また出来れば控えてほしいのは強もみのマッサージです。

急性期は患部は炎症や靱帯損傷が起きているので、炎症を無作為に広げる行為は控えたほうが宜しかと思われます。

頚椎症、むち打ちの病態

頚椎症やむち打ちは単なる肩こりに比べて、症状も当然きつく病態も複雑です。

実際、痛みを訴える部位も首の付け根耳の横側鎖骨の前あたりなど人によって様々です。

また腕や手首、指先の方までしびれや痛みを訴えるなど部位も多岐に渡ります。

特に事故当初などは強度の炎症と筋緊張状態でいわゆる四六時中、筋肉がつったような状態に陥っています。

東洋医学的観点でも頚椎症は単純な肩こりと違い、経筋病(筋肉の冷え)や瘀血(古血の滞り)が複雑に絡みます。

経筋やお血は多少時間はかかりますが、根気強く治療していくと局所の反応は動き出し徐々に消失していきます。

頚椎症、むち打ちの治療

まずは五臓六腑の反応を読み取り、内臓調整の全体治療を施します。

なぜなら患者さんの多くは長期の鎮痛剤痛みによるストレスで消化器系にほぼ負担を抱えており、それが経絡を通じ逆行性に痛みや痺れを誘発しているからです。

よって症状は首でも原因の一旦は、内臓からの負担も多分に影響しているのです。

その後、首の症状に反応する経絡(気の通り道)を読み出し手足に引きバリを施します。

次に痛みを訴えている部位に灸頭鍼(ハリの上にもぐさを炊く)を施します。

しかし、あまりに炎症反応や熱感が強い場合は灸頭鍼ではなく2~3mm程度の浅いハリに切り替えます。

なぜなら浅いハリには熱取りや消炎作用が期待出来るからです。

さらに自覚が無くとも必ず腰部や仙骨部、顎関節部に歪みがみられ同時に治療して行くことが重要です。

またむち打ちや頸椎症は臨床上、瘀血反応が絡んでいる事が多いです。

このように治療を何回か受けて痛みが取れると、早々と完治したように感じます。

しかし瘀血が残っていると梅雨の時期や風邪を引いた時、精神的ストレスを受けた時など、沈静化していた瘀血の毒が活性化し患部の経絡を閉ざします。すると治ったと思っていた症状が再び再現します。

よって完治を目指すならば瘀血の反応が消えるまで、根気よく治療される事をお勧めします。

治療をご希望の方へ

お灸の熱が身体の芯まで伝わり見違えるほど身体が軽くなる!はりとおきゅうを是非お試しください。

使用する鍼は全て使い捨て髪の毛とほぼ同じ太さ(0.16mm)深さは3~5mm程度しか刺入しません。

また身体に触れず温かく跡も残らないお椀灸灸頭鍼(きゅとうしん)で治療しています。

予約をご希望の方はネット予約から。