肩こりの鍼灸治療

肩こりについて

治療希望の上位にあがるのが、やはり肩こりです。

デスクワークの方なら一度は経験されるであろう、現代病の一つです。最近は肩こりで悩んでいる小・中学生も治療に訪れ、それだけ肩こりの低年齢化が進んでいるという事なのでしょう。

病院や接骨院ではホットパックや電気治療で肩を温めて、お土産代わりにシップをもらって家路につく、そんな感じが多いのではないでしょうか。しかし満足されない方も多くはりとおきゅうを希望され、明々堂へ訪れるのだと思います。

肩こりの原因

肩こりと一言でいっても、原因は多岐に渡ります。

サラリーマンやOLの方は、一日中パソコンで同一姿勢をとるため首、肩背部位の疲労がきつく特に、首は細い筋肉が集合して頭を支えているため疲れが溜まりやすい部位でもあります。

またそれと同時に眼精疲労や頭脳労働が、頭部への気の上昇を促し肩こりをより頑固なものにさせています。

明々堂へ訪れる方の多くは、整体やマッサージなどをすでに受けられて訪れるケースがほとんどです。そのような方々は、経筋症(けいきんしょう)という反応が絡んでいます。

経筋症はちょっと揉んだり、ただハリを刺した程度ではほとんど軽減しません。灸頭鍼(きゅうとうしん)などで熱を加えると緩んできます。

よって頑固な肩こりには、経筋症を疑うのが鉄則です。

kyutoshi1

肩こりの治療

肩こりと云えども内臓を調整する、全体治療が必要です。病院で異常がなくともFinger Testでみると五臓六腑に不調が診られ、それが肩こりに関与して内臓調整だけで、症状の半分が軽減するケースも多々あります。

その後に手足にハリをします。これは肩に溜まっている悪いエネルギーを手足にハリをすることで、四肢末端へ引っ張ってくる作用があります。

そのことで症状も緩和しますが、いきなり痛む部位にハリをして患部を悪化させるリスク避ける事ができます。いわゆる引き鍼という手法です。

hikibari1

実際、肩こりは経絡(気の通る道)で陽経という方に反応が出ていることが多く、まずはその反応しているツボに引き鍼をします。そのあとで首や肩にある患部にハリをします。

人によって経筋症があれば先ほど述べた、ハリの上にモグサを炊いて経筋反応を除去する、灸頭鍼を用います。

治療をご希望の方へ

お灸の熱が身体の芯まで伝わり見違えるほど身体が軽くなる!はりとおきゅうを是非お試しください。

使用する鍼は全て使い捨て髪の毛とほぼ同じ太さ(0.16mm)深さは3~5mm程度しか刺入しません。

また身体に触れず温かく跡も残らないお椀灸灸頭鍼(きゅとうしん)で治療しています。

予約をご希望の方はネット予約から。