Finger Testとは?

Finger Testとは?

明々堂では佐賀の吉本病院の院長である、吉本英夫先生からご教授頂いた「Finger Test」を診断、治療に用いています。

doc_yoshimoto

Finger Testの特徴を端的に述べると、指先に起こる筋力の脱力現象で病態を把握する診断法です。

その原理は人体に本来備わっている微細な感知能力を利用したもので、人間含め動物たちが本来もっている原始感覚に基づくものです。

例を挙げると、野生の動物たちが食物を摂取する際、彼らにとって有害な果実や牧草を口に入れようとしても、顎の筋肉が自然と弛緩して食べる事が出来ないとされています。
なぜなら動物たちが意識してなくても、脳がそれを無意識下でキャッチして、自然と顎の筋力を脱力させるためです。

逆に身体に必要なミネラルを含む泥や土などは、顎の筋肉は弛緩せず平気で食します。このようにそれが利になるか害になるか、動物たちは本能的に見分ける能力を備えています。

しかし快適な環境に慣れ親しんだ我々現代人にとって、この知覚能力はかなり退化しています。それをある程度のトレーニングを積み、自分自身の指先で知覚化し治療手段として用いるのが、Finger Testです。

三つの特性

「Finger Test」の大まかな特徴として

  1. 脱力現象
  2. 回復現象
  3. 共鳴現象

の3つがあります。これらの特性を利用して病態を把握していきます。

脱力現象について

まず脱力現象ですが、これは人体に有害な毒物や病気の病巣部に触れたり近づいたりするだけで、筋力が自然と低下する現象の事です。この現象は脳がキャッチして無意識下で筋肉に指令が行くため、自覚的に全く気がつきません。

FT_intro1
やり方として画像のように、右手の形を作り手首を支点に示指が親指上をスライドするように、力を抜いて左右に振り続けます。

nekoirazu
そして反対側の左手には、明らかな毒物(ここでは試しに猫いらず)を載せます。すると脳がその波動をキャッチし筋肉に指令を出し、振っていた右手の指先に脱力が起こります。結果、親指と示指が自動的に粘る、又は止まります。

FT_St
このように指が粘る、又は止まる事をFingerTestでは Stと表記しスティック と呼びます。

違う例として右手でFinger Testを左右に振りながら、反対側の左手を、胃に病変がある患者さんのお腹へ近づけると、右手のFingerTestは粘る、又は止まります。

これは患者さんの胃部から発せられる病巣の波動が、治療者の左手を通じて脳まで伝えられ、右手のFinger Testの指先を脱力させるためです。

このように人体には、筋力の脱力現象により病変部位を感知するシステムが、備わっているのです。

回復現象について

次に回復現象ですが、これは先ほどの胃に病変のある患者さんに、何種類かの漢方薬を用意して患者さんの掌に1つずつ順番に載せていきます。

すると、今までFinger Testが粘るないし止まっていたのに、滑らかに動き出すよう改善した漢方薬が一つだけあったとします。

これは、その漢方薬が患者さんの身体に適合している事を意味し、胃部にある病巣の波動が漢方の作用により中和されたためです。
その結果、脱力を起こしていた波動が消え、Finger Testの指先の脱力も解除され、滑らかに動き出したのです。

あたかもFinger Testの脱力を起こしていた筋力低下が回復し、動き出す事から「回復現象」と私は呼んでいます。

FT_Sm
またこの様に、指が滑らかに動く事をFingerTestでは Smと表記しスムーズ と呼びます。

以上のように、必ずしも薬を服用しなくとも掌に触れさせるだけで、それが適合するのか害になるか、判別する能力が人体には備わっています。

また医師や薬剤師でFingerTestやOリングテストを使用し、患者さんに適合する薬剤や漢方薬を見つけるのに、この方法が使用されています。

共鳴現象について

最後の共鳴現象は、同じ振動数のモノは同調し合う、という特性を利用したものです。

oketushikenkan
ここでは吉本病院で使っていた、身体の中の瘀血(おけつ:古血が滞り形成する病変)を調べる「瘀血:おけつ試験管」を使用します。

oketu_search
まず左手で試験管を握り、子宮筋腫の患者さんの下腹部あたりへ試験管を近づけると、右手のFinger Testが止まります。心筋梗塞の方は心臓あたり、膝関節の血腫の方は膝で、全く同じ結果となります。

「瘀血:おけつ試験管」に関わらず、同じ振動数を有する病巣は同調し合うという性質があります。

ここでは「瘀血:おけつ試験管」と同じ性質を有する病巣の子宮、心臓、膝の瘀血が、それぞれ反応したという事です。このように同調が起こると脳がそれをキャッチし、やはり脱力が起こります、これが共鳴現象です。

この現象を利用して、医師の中には固有の細菌や病原の標本サンプルを用い、人体のどこに細菌やウイルスが存在するのか、共鳴現象を糸口に詳細に人体をマッピングする、先生方もいます。

以上がFinger Testの三大特性です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

治療をご希望の方へ

rogo_cta1

身体の芯から温まり羽が生えたように軽くなる、はりとおきゅうを是非、お試しください。

治療をご希望の方は、下記から予約をどうぞ。